ハクビシン駆除をしなければ畑が荒らされ被害が拡大する

ハクビシンを駆除する場合は許可が必要となる ハクビシンを駆除する場合は許可が必要となる

都心部や農家で急増しているハクビシンによる被害を紹介

近年では、ペットとして飼われていたハクビシンが野生化して都心部をうろつくようになりました。この野生化したハクビシンによって、都心部でハクビシン被害が相次いで起こっています。今後も、ハクビシンによって被害を受ける人も増えてくることでしょう。ここでは、ハクビシン被害に遭った人たちの紹介をします。

ハクビシン駆除が遅れると・・・。被害実例を紹介

大事に育てたとうもろこしを食べられた(30代/男性)

最近、畑のとうもろこしが何者かに食べられるという被害が発生していました。犯人が分からず困っていたので、夜に調査をしたらハクビシンを発見したのです。この、ハクビシンのせいで、畑の被害はかなり大きなものとなっています。今は、ハクビシン駆除をしようかどうか検討中です。

畑に行くとスイカに大きな穴が開いていた(40代/女性)

手間暇かけて育てたスイカが、ハクビシンによって食べられてしまいました。毎回、スイカの収穫をするのが楽しみだったのに、その楽しみを台無しにされて許せないです。調べたところ、ハクビシンは甘い果実が好きとうい特徴があるということが分かりました。またスイカが狙われるのは勘弁して欲しいので、ハクビシン駆除をしたいと思っています。

住宅に侵入されたら屋根裏に巣を作ります(30/男性)

ハクビシン駆除に関して、ネットで良く調べることがあったのですが、調べる度にハクビシンは住宅の屋根裏を好むと良く書かれているのを目にします。最初は半信半疑でその情報を見てました。しかし、いつの間にかハクビシンが屋根裏に巣を作っていることが分かったのです。すでに屋根裏は、ハクビシンの糞尿によって不衛生な環境と成り果ててしまいました。ですから、近々ハクビシン駆除を業者に依頼する予定です。

子供がダニやノミで刺されてしまいました(30代/女性)

ハクビシンが侵入してから、ダニやノミが室内で急激に増えてきています。今まで、ダニやノミでこんなに悩まされたことがなかったので、ここまで厄介なものだとは知りませんでした。子供をダニやノミの被害から守るためにも、ハクビシン駆除をお願いしようと思います。

果実を狙うハクビシンを駆除する方法を紹介

自分でハクビシン駆除をするためには、電気柵などの設備を用意しなければいけません。ここではハクビシンの対策法などを紹介していきます。

ハクビシン駆除は専門業者がオススメの理由

被害状況の調査
ハクビシン駆除の経験が豊富なスタッフが、ハクビシンが侵入した痕跡がないかどうかをチェックしてくれます。現場の状況を確認し、今までの経験と照らし合わせて調査を進めていくのです。普段見ることのない、床下などもチェックしてくれます。
資格所有者が対応
ハクビシンは外来種かどうかということについて、未だに分かっていません。ですから、無断で捕獲や駆除をすることはできないのです。ハクビシン駆除を行う場合は許可をもらう必要があります。また、罠を使い捕獲する際は狩猟資格が必須です。
農家ごとに適した対策を提案
電気柵を使うのが、ハクビシンを寄せ付けないための有効な手段といえます。ハクビシンのジャンプ力が高いです。ですから、ちょっと高い程度の柵であれば、簡単に飛び越えてしまいます。このことを考慮して、電気柵をできるだけ高い場所に設置すると良いでしょう。もしくは、低い電気柵を普通のフェンスの手前に設置し、あえて触るようにさせるのも効果的です。
TOPボタン